常に自分の存在価値を高める努力をせよ

「常に自分の存在価値を高める努力をせよ」

約2年間、仕事を共にしてきた尊敬する先輩からいただいたアドバイスです。

僕はまず、自分が所属している会社内において、自分の存在価値を高めるよう努めました。でも直ぐに気付いたのです。その会社自体、社会全体から見て存在価値があるのかどうか。今はまだ存在価値がある、ということでたまたま存続しているのであって、未来永劫それが続くとは思えない。社内で評価を高めても、その物差しが必ずしも社会全体(少なくとも業界全体)と一致しているわけではない。社内で高めた自分の存在価値は、いざという時(例えば、倒産時や老後など)に役に立たないかもしれない。

また、先ほど「社会全体」と書きましたが、これまでの「社会」は主に日本国内を意識していれば良かった、でも今やグローバル時代、インターネットの普及により、世界中がリアルタイムで繋がっています。世界を舞台にして、自社の、いや、自分の存在価値を高める必要がますます重要になってきました。

そう考えると、社内での評価基準(ものさし)や肩書、地位、名誉などが、とてもちっぽけなものに見え、どうでも良くなりました。とにかく世界の中で自分の存在価値を高めたい、ただそれだけです。

本質はそこにあり理解しているつもりでいるのですが、一方で、実生活もあり守るべき家族もいる、お金を稼がなければならない。。。あぁ、これがジレンマってやつか。。。

そんな時にふと通勤電車内でこんな広告を発見しました。

その場で即行、AmazonのKindle版(電子書籍)『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』をポチッっとやりました(笑)

最初の数ページ「はじめに」をさらっと読んでいたら、『本書は~<省略>~最後に、資本主義の欠点を補った考え方として、価値を軸として回る社会「価値主義」という枠組みを提案しています』と書いてあった。気になって仕方なかったので、その日のうちに読了してしまいました。

先輩が仰っていた「常に自分の存在価値を高める努力をせよ」というアドバイスが、改めて僕の心に刺さりました。

今後、お金の存在価値はどんどん下がっていくそうなので、お金を稼ぐのではなく、自分の価値、自分の存在価値を高めていかなければ。

これ以上書くとネタバレしてしまうので、後は以下をお読みください。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,620から
(2018/3/21 01:21時点)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA