傘はシェアする時代へ「アイカサ」

昔から雨男と言われ続けていた僕なので(ここ数年は天気に恵まれている?!)、毎日、折り畳み傘を鞄に常備して移動しています。

少し前までは、ビニール傘を雨が降る度にコンビニ等で購入しては、どこかで忘れて……や、強風で壊れて買いなおし・・・・・・を繰り返していました。

今後は、そういった傘の常備や購入が不要になるかも知れません。

コンビニの入口に置かれていたビニール傘
コンビニの入口に置かれていたビニール傘(PAKUTASO提供写真)

まずは以下記事をご覧ください。

ビニール傘の消費量世界一No.1の日本。これまで年間8000万本を超えるビニール傘のゴミを処理していたのは日本ではなく、経済成長を続けていて、国内の原料資源が足りなくなっている中国でした。しかし、2017年末に中国が一部の資源ゴミ輸入を禁止。昨年2018年から日本の廃ビニール傘や、廃プラスチックに対する問題が顕在化してきました。そうした背景を踏まえて、今後アイカサは、”環境保全活動”というCSR観点からも、プラスチック・スマートキャンペーン活動など、環境に優しいエコな取り組みに尽力をして参ります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000036740.html
強風時に捨てられていたビニール傘
強風時に捨てられていたビニール傘(PAKUTASO提供写真)

この「アイカサ」は、傘を対象にしたシェアリングサービスです。

日本一の傘シェアリングサービス「アイカサ(iKasa)」
日本一の傘シェアリングサービス「アイカサ(iKasa)」

シェア対象の傘には、以下のようにQRコードとダイヤルが付いており、所定の番号(スマホ経由でQRコードを読み取り、簡単な手続きを踏んでから番号を受領)に合わせないと、傘が開かない仕組みになっています。

アイカサの使い方
アイカサの使い方(「アイカサ」公式ホームページ[ https://i-kasa.com/ ]より)
傘にはQRコードとダイヤル式ロックが付いている

先日、 ちょっとしたきっかけで、上記記事にて紹介されていた『日本一の傘シェアリングサービス「アイカサ(iKasa)」』を提供している株式会社Nature Innovation Groupさんと出会いました。その場で、「色んなアイカサがあっても良いよね♪」なんて感じでブレストしました。今後、アイカサ→アイアイガサとなって、雨の日の出会いが増えたりして(笑)そうなってくると、雨の日が楽しくなりそうですね♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA